• ホーム
  • 施工事例
  • リフォームのタイミング
  • リフォームの流れ
  • 外装リフォーム
  • 内装リフォーム
  • 耐震・健康リフォーム
  • 会社概要・スタッフ紹介
リフォームのタイミング

リフォームのタイミング

写真

写真 メンテナンスが必要なサインです

お問合せはこちら

リフォームのタイミング(外装工事)

屋根
薄型スレート屋根:カラーベスト

経年劣化により下記の状態になります。

1. コケ・黒カビの付着
2. カラーベストの反り
3. カラーベストのめくれ

1の場合、表面の塗膜が劣化し、少しずつ水が浸透していき発生します。 重なり部分にコケや藻が付着することで、毛細現象が起こり隙間から上へ上へと雨水を吸い上げます。
2の場合、表面温度の高低差により材料が伸び縮みし、カラーベストの表と裏での伸び縮みの割合が異なることにより反りが発生します。反りが起こるとその部分から雨水が吹き込み、雨漏れが起こる原因になります。
3の場合、雨水が直接防水紙(ルーフィング)にかかるため、雨水が侵入し雨漏れの原因になります。

外装工事 外装工事
金属屋根:立て平・瓦棒・折半屋根

経年劣化により下記の状態になります。

1. 錆の発生

鉄製部材は錆によって腐食していきます。腐食してしまうと元には戻りませんので、穴が空き雨水が侵入し雨漏れの原因になります。

外装工事
瓦屋根

経年劣化により下記の状態になります。

1. 瓦のずれ
2. 面戸土の劣化
3. 板金部の腐食

1・2の場合、雨水がずれている隙間や面戸土が取れてなくなっているところから侵入し、雨漏れの原因になります。昔の建物は防水紙(ルーフィング)を貼っていないことがあるので、直接雨水が侵入し、雨漏れの原因になります。

昔の建物は屋根換気という概念がありません。 太陽光が一番近くで当たるので熱を一番受ける部分になりますので換気をすることで建物の温度をさげることができます。方法としては天井裏に換気扇を取り付ける・換気棟を取り付けるなどの方法があります。

外装工事 外装工事
外壁
窯業系サイディング

経年劣化により下記の状態になります。

1. 表面塗膜の劣化
2. シーリング材の破断・めくれ
3. サイディング材のひび・亀裂
4. サイディングの反り

1の場合、表面の塗膜の劣化してくると防水性能がなくなってきます。
2の場合、シーリング材が破断・めくれているとその部分から雨水が侵入し、雨漏れの原因になります。
3・4の場合、そこから大きく割れてきて雨漏れの原因になります。

外装工事 外装工事
金属サイディング

経年劣化により下記の状態になります。

1. 表面塗膜の劣化
2. サイディング盤のへこみ・腐食
3. シーリング材の破断・めくれ

1の場合、表面の塗膜が劣化してくると錆の原因になります。
2の場合、金属でできている為、変形しやすいのでそこから穴が開いたり、腐食していき雨水が侵入し雨漏れの原因になります。
3の場合、シーリング材が破断・めくれているとその部分から雨水が侵入し、雨漏れの原因になります。

モルタル

経年劣化により、下記の状態になります。

1. 色褪せ・変色の発生
2. チョーキング現象(触ると白くなる)が起こる
3. コケ・黒カビ・藻の付着
4. ひび割れ・クラックの発生
5. 浮き・剥れの発生

1・2の場合、紫外線にさらされることにより塗膜が劣化していき起こる現象です。 こういう状態になると塗装されている塗料の性能が失われていっている証拠です。
3の場合、表面の塗膜の劣化により、表面に水を含み発生します。すぐに処置する必要性はありませんが美観性は損なわれます。
4の場合、クラックは2つの種類に分かれます。ヘアクラックの場合、建物の構造、鉄筋へのサビをもたらす心配は無いので早急に補修する必要はありません。 構造クラックの場合は雨水が侵入しラスをさびさせたり、雨漏れの原因になります。
5の場合、経年劣化によって付着力が低下し発生します。ここまでくると外壁を保護する機能がない状態です。

外装工事 外装工事
ALC

経年劣化により下記の状態になります。

1. 色褪せ・変色の発生
2. チョーキング現象(触ると白くなる)が起こる
3. コケ・黒カビ・藻の発生
4. ひび割れ・破損
5. シーリングの破断・めくれ

1・2の場合、紫外線にさらされることにより塗膜が劣化していき起こる現象です。 こういう状態になると塗装されている塗料の性能が失われ、ALC自体水が浸透しやすい為雨漏れの原因になります。
3の場合、表面の塗膜の劣化により、表面に水を含み発生します。すぐに処置する必要性はありませんが美観性は損なわれます。
4の場合、表面上のひび割れになるので塗装をし直すだけで大丈夫です。破損の場合、軽度なら補修材での施工で問題ありません。しかし重度の場合、張り替える必要性が出てきます。
5の場合、シーリング材が破断・めくれているとその部分から雨水が侵入し、雨漏れの原因になります。

外装工事 外装工事
樋

経年劣化により下記の状態になります。

1. 色褪せ・変色
2. 落ち葉等のつまり
3. 軒樋の変形・ゆがみ
4. 接合部の切れ目
5. 割れ・欠けの発生

1の場合、紫外線に当たることにより色褪せ・変色していきます。
2の場合、落ち葉等が詰まると排水機能が低下し雨樋からの水漏れの原因になります。
3の場合、軒樋が変形したりゆがんだりすると排水機能が低下し雨樋からの水漏れの原因になります。
4・5の場合、雨水の通り道が途中できれてしまうことになりますのでそこから直接水が漏れます。

外装工事 外装工事

リフォームのタイミング(内装工事)

壁・天井:クロス

汚れやめくれがだんだんと気になってくる壁紙。 小さなお子さまやペットと一緒に暮らしていると、破れ破れてしまったり、ラクガキしてしまったりすることがあるかとおもいます。 デザイン豊富な壁紙で、インテリアを一新。最新の壁紙なら、ひっかき傷にも強く、臭いを吸着する素材もあり、小さなお子さまやペットでも大丈夫なものが出てきております。 汚れを吸収しにくい素材を選べば、泥汚れや手あか、カバンや靴のこすれなどを雑巾で簡単に拭き取ることができます。

内装工事 内装工事
床:フローリング

フローリングは大きく分けると複合フローリング・無垢材の2種類に分かれます。
複合フローリングとは、複数の板を接着剤で張り合わせた基材となる合板の表面に、天然木の薄板もしくは木目をプリントした化粧シートを張りつけたものです。価格面やメンテナンス面において無垢材に比べるとおススメです。
無垢材のフローリングは、自然のままの美しさを生かした無垢材の魅力や、木が持つ独特の肌触りやぬくもりのある風合い、その味わい深さは年月を経るごとに変化していくことが選ばれる理由となっております。

内装工事 内装工事
床下:シロアリ工事

シロアリは建物の土台や柱を食べ、生活しております。 シロアリに土台や柱を食べられてしまうと建物の強度がおちてしまうので、発生する前に消毒することをおススメします。 昔の場合は、強力な消毒液を使用しておりましたので約10年ほどは効能があったのですが、現在では、健康面でそれほどきつい薬品を使うことが禁止されている為、消毒液も効能は約5年ほどできれるため、こまめに消毒しておくことをおススメします。

住宅設備
浴室

浴室リフォームをされる方の多くの理由は、「掃除が手間である」「浴槽の位置が高い」「入り口に段差がある」といった不便性からくるものが多くなってきています。 最新の商品は、お手入れが楽になっていたり、床が柔らかいものになっている・入り口の段差が解消できるといった商品が出てきております。

内装工事 内装工事
給湯器

給湯器は経年劣化により約10年ほどで下記の状態になっていきます。

1. 異常音の発生
2. お湯の温度が安定しない
3. 水漏れがする
4. お湯の出る量の減少

燃焼器具なので、安心・安全を基準に定期的な点検をする必要性があります。 また最新の給湯器は、熱効率によりガス代が安くなったりするものがございますのでぜひご検討されてみてはどうでしょうか?

トイレ

トイレのリフォームを考えるお客様の理由として、「故障したから」といった理由のほかに、 「節水したい」「汚れが気になる」といった理由も増えてきております。 トイレは掃除をしても汚れや匂いがこびりつくところです。 今出ている商品は掃除が楽であったり・省エネ・節水になっておりますのでそのあたりまで視野に入れたリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。 また、トイレを取り替える際、内装工事を一緒にしてみてはいかがでしょうか。 トイレを取り外したタイミングでしかする機会がないことだと思いますのでぜひご検討してみてください。

内装工事 内装工事
洗面台

洗面化粧台は暮らしていくうちにだんだんと不便になってくる箇所です。 取り替える理由としては「故障した」以外に「家族が増えた」「子どもが大きくなって置いておく小物の量が増えていき片付かない」といった意見が多いです。 最新型の物は、ミラーの後ろに収納があったり、サイドに収納を取り付けたりできるので片付けるスペースがなくてお困りの方は取替をご検討してみてはいかがでしょうか。

内装工事 内装工事
キッチン

キッチンリフォームでは、ダイニングやリビングとひとつの空間にプランニングされるケースも多く、キッチンは住まいの中心ともいえる存在となってきています。選ぶ際には、使い勝手やデザイン性はもとより、清潔さや美しさを保つことができるように、お手入れのしやすさも重要なポイントとなるでしょう。最近のシステムキッチンは、掃除やお手入れを楽にする工夫が随所に施されています。

内装工事 内装工事



ページ先頭に戻る