• ホーム
  • 施工事例
  • リフォームのタイミング
  • リフォームの流れ
  • 外装リフォーム
  • 内装リフォーム
  • 耐震・健康リフォーム
  • 会社概要・スタッフ紹介
健康リフォーム

健康リフォーム

漆喰壁

漆喰壁が選ばれる理由がいくつかあります。

1.呼吸する壁

湿度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低いときは湿気を放出します。 そのため、室内は適度 な湿度に保たれるとともに、結露の防止が期待できます。

呼吸する壁

2.断熱性が高い

「塗り壁の部屋は、夏でも涼しい」というお施主様の声を、よくお聞きします。 断熱性に優れた塗り壁(外壁) は、夏場の照りつける日射しを遮断して熱気の侵入を防ぎ、冬は暖かい空気が外へ逃げるのを防ぎます。室 内の温度を快適に保つ塗り壁は、空調コストの軽減にも貢献します。

断熱性が高い

3.吸音性が高い

下地材の上に、塗り重ねられた漆喰の層が音を効果的に吸収し、余分な反響を軽減。さらに、外からの騒音を抑 制し、外に漏れる音量も抑える塗り壁は、日本の住宅事情に合った内装材と言えます。

吸音性が高い

4.空気の質がよくなる

シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドやアンモニアをしっかり吸収。 空気を浄化し、健康的な室内環境を作ります。 また、ペットやタバコのニオイ、トイレの糞尿臭や体臭などを吸着するのも、塗り壁の特徴 の一つです。「塗り壁にしてから、消臭剤の使用量が減った」と仰るお施主様もいらっしゃいます。

5.意匠性

荒塗りから仕上げまで、左官職人がコテを使ってていねいに塗っていく塗り壁は、一つひ とつがオリジナルな仕上がり。完成後は、時とともにゆっくり“味わい深く古びていく” 特性は、他の内装材には見られないものです。 また、塗り壁は和室用の内装材と決まった 訳ではありません。「フランス壁」「スペイン漆喰」などの言葉があるように、ヨーロッ パでも、伝統的な内装材として知られています。インテリアにこだわるお施主様から、「洋室も塗り壁に」とご指定いただく機会が増えています。 意匠性


無垢材フローリング

無垢フローリングは、吸湿発散性に優れていて、夏場など湿度の高い時には湿気を 吸い、冬場など乾燥しているときには湿 気を放出します。そのお陰で夏は空気がさら っとして涼しく感じ、裸足で歩いてもべたつかないですし、冬は反対に、部屋の湿 度が高くなることで暖かく感じます。また、合板のフローリングとは違い、天然木の一枚板を加工したものです。木の質感や自然 の温もり、高級感や贅沢感など、無垢材を選ぶことでしか味わえない心地よさがあるのです。無垢材の一枚一枚に個 性があり、木目や色味など、それらの違いを楽しむことも魅力のひとつでしょう。年月ととも に、木の色が変わっていったり、湿度によって収縮や隙間が生じたりと無垢フローリングには さまざまな変化が起こっていきます。こうした変化も、無垢材ならではの味わいといえます。 広葉樹と針葉樹の2種類がありますので、無垢のなかでも用途やお好みに合わせた素材を選べます。

無垢材フローリング

自然塗料(オスモカラー)

通常、塗料は接着剤と同じく、合成樹脂などの化学物質で作られていますが、自然の植物油と植物ワックスからできた人体、 動植物に安全な塗料です。臭いがきつく健康を害するシンナーやアルコール、そして発がん性が疑わしい有害な物 質は一切含有していませんので赤ちゃんのおもちゃにも使えます。通常のペンキと違い、オスモカラーは木に深く 浸透し、木の呼吸を妨げないので吸湿性に優れており、 仕上がりも木目を生かした形で塗ることができます。

自然塗料(オスモカラー)

耐震工事

昭和56年(1981年)6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。この改正により建 てられた家は、阪神淡路大震災で崩壊した被害が少なかったことが報告されています。昭和56年6 月以降に建てられた家は耐震性があり安心できますが、それ以前の家はどうなのでしょうか。

1.建築時期

上記に記載しましたが昭和56年6月以前の家は改正される前の建築基準法にのっとって 建てられていますので、それ以降に建てられた家よりも耐震性は劣ります。

2.災害の影響

ご自宅が浸水や家事などの災害に遭遇し、わずかな補修で耐えている場合、 外見ではわからないダメージを受けている可能性があります。

3.老朽化

柱や土台が腐っている・シロアリの被害がある・屋根や軒先が波打っている・柱や床が傾いて いる・建具の建付けが悪いなどの症状があると、老朽化してきているサインです。 これらの症状がでてくると、家を支えている構造材が劣化してきているということなので、耐 震性が落ちてきている可能性があります。

4.建物の形

大まかに四角形の建物は比較的揺れに強いのですが、L字型やT字型・コの字型のような 不整形の建物は地震に比較的弱い形になります。また、大きな吹抜けがある場合も 地震の際に建物をゆがめる可能性があります。

5.建物の構造

2階が一部持ち出している建物は2階の揺れが1階に伝わり、 床面に大きな負荷がかかるため床から壊れる可能性があります。

6.屋根材

屋根材が重い瓦などだと上に重いものが乗っている状態なので、揺れが大きくなり家に 大きな負荷がかかります。

耐震補強工事

屋根

屋根材を軽いカラーベストや金属屋根に取り替えると耐震性が向上されます。

外壁

大壁仕様にして体力面材を使用することで揺れに強くしていきます。

内壁

新しく壁を作る・接合部に金物を取り付けるといった工事で補強していきます。

床

傷んだ土台の入れ替え、接合部に金物を入れたりすることで補強していきます。

土台
耐震金具
耐震金具

基礎

強度を増すためにコンクリートを増し打ちします。

お問合せはこちら



ページ先頭に戻る